バンコクの人気イサーン料理店が日本に来たー!
大好きなソムタムダー(タイっぽく発音すればソムタムドゥーが正解かも)のイサーン料理が日本でも食べられるようになったとは感激です!

 

ソムタムダー東京

カワイイ店内。イサーン地方の布などクラフト製品がセンスよく使われています(*´∀`*)

日本のタイ料理店で提供されてるソムタムといえば「ソムタムタイ」と呼ばれる甘辛い味の中部スタイルのパパイヤサラダが主なんだけど、
そもそもソムタムといえばタイ東北部(イサーン地方)の料理であり、プラーラーという発酵調味料を使った塩味が強くかなり辛いサラダです。そんな東北スタイルのソムタムや、ナマズやアヒル肉を使ったラープなど、日本ではそんなに見かけない料理も食べられる、2017年現在では結構希少なタイ料理屋さんだと思います。

 

ソムタムダー東京

訪問したのはランチタイムだったのでお昼用のセットもありましたが、単品で注文しました。
タムムア(1350円)+カオニャオ(400円)。カオニャオは白米と黒米がありました。

タムムアは、いろーんな具がミックスされたごちゃまぜタイプのソムタムで、ここではパパイヤ、もやし、マクアポ、トマト、インゲン、ピーナッツ、干しエビの他、パクチーファラン、ムーヨー、生ネーム、カリカリ小魚、ケープムー、センミーまで入って盛りだくさんでした!タイの具材がこんなにたくさんいっぺんに味わえて幸せ〜(^^)いいね!いいねーケープムーいいねー!カリカリで、汁吸ったらもっちりで。

塩気の強いプラーラーと皮付きのマナーオ、ココナッツシュガーが合わさった甘くて辛くて酸味が爽やか。
ほんのちょっと甘みが強めだけど、日本人の舌に媚びすぎない味付け。ソムタムはこうでなくちゃー!

カオニャオは手に全然くっつかなくて丸めやすい。ソムタムの残り汁はもれなくつけて食べましょー。

ソムタムダー東京

カウンター席の目の前で常にポクポクと音がしているライブ感のある楽しいお店です(^^)

現地仕様のお料理を提供しているこちらのお店では、ソムタム一人前に唐辛子3本がデフォルトとしてるんだって。
イサーン地方ではもっと大量の唐辛子をアホみたいに入れてたりもするけど、3本でも日本人にとっては容赦なく辛いです!なので程よく辛い程度が好みなら1本でも十分。このとき私は2本にしてもらいましたが、それでも十分辛いです。ソムタムは辛いから美味しいんだけど(^^)

 

 

ソムタムダー東京

店員さんたちも親切でとても感じがいいですよー(^^)ユニフォームもバンコクのお店と同じでかわいいんです!
バンコク店同様にいろんなタイプのソムタムがあって、その他もゲーンオムやスップノーマーイなどのイサーン料理が豊富でした。

セットメニューやランチメニューもあるし、グループでも1人でも気軽に入れるお店ですよー(^^)

 


Somtum Der Yoyogi Tokyo : ソムタムダー東京 1-58-10 松井ビル 1F, Shibuya-ku, Yoyogi, Tokyo 151-0053
http://somtumder.com/