ナシレマnasi lemak:辛いソース×ココナッツミルクご飯

最終更新日

Comments: 0

ナシ・レマ(nasi lemak)は、ココナッツミルクを入れて炊かれたご飯に具をトッピングし、小魚を絡めた辛いソースがかかったもの。これ、想像よりもずーーーっと美味しいんです!

ココナッツミルクとサンバルソースといういかにもマレー・インドネシアっぽい調味料の組み合わせは、食べてみたことが無い人にとっては「そんなもん美味しいんかいな!」と否定的になってしまいそうですが、食べてみるとめちゃくちゃ合う組み合わせだってことが分かります。

 

ナシレマ

こちらはジョージタウンのsriweldにあるナシレマの人気店。土曜日だったからか朝早かったからかわかりませんが、スリウェルドホーカーセンターはどの店もやってなかったけど、ナシレマの店だけは開いてました。朝から大量買いしてテイクアウトする人も多いです。とにかく明るいおムスリム姉さんの安心の接客付き。

具はゆで卵の他、焼き鳥、焼いて味付けされた小エビ、魚などがありました。迷ってると「卵がおすすめだよー」と言ってくれたので茹で卵バージョンを注文しましたが、うん、絶対たまごが美味しいと思う!他のやつ食べてないけど!!

 

ナシレマ

バナナリーフに三角包みされた形もかわいいです。

 

ナシレマ

バナナリーフ、オープン!そして卵破壊します!赤いサンバルソースにはアンチョビの干したスナックが入っています。これがカリカリしていいアクセントになってます。干したアンチョビはikan bilisと呼ばれ、スーパーや商店でもよく売られていました。

ikan bilisはこんなふうにサンバルソースに使われたり、そのソース(具)を包んだパンもあります。タイで言うところのナムプリックパオとムーヨーン入りのパンみたいな。

 

 

ikanbilis bun

画像元:http://mightywhite.com.my/single-buns.html

 

ムーヨーンのパン

これはタイのセブンイレブンのムーヨーン入りのパンですが、マレーシアのはikan bilisバージョン。パンにチリソースを挟む発想って日本ではあんまりないですが、タイやマレーシアではメジャーなようです。

でもそういえばカレーパンは見たこと無いなあ…。あるんでしょうか??

 

ikan bilis

ホストの家でもらった揚げたikan bilisとピーナッツの甘辛い醤油味のおやつというか、おつまみというか。マレーシアでは小魚のスナックが良く売られていて、味も日本人好みです。

ご飯にココナッツミルクを混ぜて成り立つのはスイーツだけかと思いきや、甘辛ソースと一緒に食べてもめちゃくちゃ美味しいですよ〜(*´∀`)

 


食べた場所:sriweld food court/Lebuh Pantai、George Town、10300 George Town、Pulau Pinang, マレーシア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする