マレーシア・ペナン島で一番良く飲んでたのが赤いドラゴンフルーツのシェイクです。この紫色もすっごくキレイ!

タイでもフルーツシェイク屋台は「なんか飲みたい!」と思ったときにどこにでもあるイメージですが、ペナンではジュースだけを売る店よりは、食堂に併設されてる印象が強いです。あんまり”シェイク屋さん”ってものが歩いてても見つからない…。そのかわり、食堂に入ると必ず飲み物をオーダーしないといけない店が多く、飲み物を頼まないとチャージをとられる場合もあります。

 

タイではスイカ、パイナップル、メロンあたりがフルーツシェイクのメジャーどころ…というか安く飲めるので、マレーシアではもうちょっと違う種類のシェイクを選ぶようにしていました。で、赤い(紫?)ドラゴンフルーツのシェイクは特に気に入ってて何回も飲んだんですが、店によってというか、作り手によってというか、同じ店でも日によって味が変わったりするので「あの時はすごく美味しかったのにきょうは何か薄いぞ?」ということもあります。

やっぱり果肉多めの水少なめの方が美味しいし、ミックスするフルーツ(りんごやパインが混ざってたりします)の配合や熟度によっても美味しさが変わってくるので、完璧に美味しいフルーツシェイクに当たるのは運も必要かもなあ〜(^_^;)

あと、パッションフルーツ、スターフルーツのシェイクなんかも酸味と甘みがあって美味しいです(*´∀`)
※タイでもこれらのシェイクは飲めます。

 

フルーツシェイクとフルーツジュースの違いってなんだろう

マンゴーシェイク

 

  • フルーツジュース=フルーツを絞った飲み物
  • フルーツシェイク=フルーツと氷を混ぜたドロッとシャーベット状の飲み物

…というのが私のイメージなんですが、日本のカフェで言うところの「スムージー」=タイ・ラオス・マレーシアなどで「シェイク」と呼ばれる感じじゃないでしょうか。日本でシェイクって言ったら、マクドナルドとかのミルキーなやつを想像するし、日本のフルーツシェイク屋さんだとミルクが混ざってるものが殆どではないでしょうか。

日本のスムージー・シェイク屋さんでは凍らせたフルーツをブレンダーにかけてますが、東南アジアでは生のフルーツを贅沢にがっつり使ってくれるからやっぱり香りが全然違うし美味しい!

 

日本は健康志向だからグリーンスムージーとか野菜を絞ったものが流行ってるけど、タイ・マレーシアではフルーツ以外のシェイクは先ず無いです。しかもたくさんのシロップを入れてさらに甘くするのが常なので、それが嫌な場合は「砂糖控えめで!」ってお願いするといいですね。美容や健康よりも甘味が優先!ウマー!!!